災害時に派遣される医療チームについて

災害時に派遣される医療チームについて(DMATとDPAT)

今年は台風、大雨、地震と災害が続き日本が災害大国であることを実感します。
大災害や多数の負傷者が生じた事態に対しては、全国から緊急消防援助隊が出動しますが、同時に医療面では災害派遣医療チーム(DMAT)は素早く被災地におもむき、救命処置や負傷者の手当てに当たります。
チームは訓練された医師・看護師などで構成され、全国の災害拠点病院におかれていて、48時間以内に活動します。

災害時に派遣される医療チームについて

そして、これに続いて、災害派遣精神医療チーム(DPAT)が派遣されます。被災地域に入り、精神科医療および精神保健活動の支援を行う専門的なチームです。
具体的には、被災地で災害をきっかけに生じた不安、抑うつ等の精神的な問題(急性ストレス障害や外傷後ストレス障害:PTSDなど)、精神障害者や必要な精神科薬を失った人達への支援、子供や要介護高齢者などへの対応など、幅広く“こころのケア”活動を行うチームです。

これまで、石川県からも阪神淡路大震災、能登地震、東日本大震災、熊本地震などで派遣されてきました。まず、県立高松病院が出発して、その後に民間精神科病院がチームを構成して比較的長期間の精神的ケアに貢献します。

DMAT(Disaster Medical Assistance Team)
DPAT(Disaster Psychiatric Assistance Team)